2018年04月21日

クレジットカードは保障で選ぼう

知ってますか?

1枚のクレジットカードについてくる、何かあったときのための海外旅行保険の補償を受けることができる有効期間は、最長で3ヶ月までになっているのです。

3ヶ月の設定についてはどのようなクレジットカードでも全く違いはありません。

海外旅行保険がついているクレジットカードを何枚も作成していらっしゃった場合には、ほとんどの場合『ケガ死亡・後遺障害』と分類される事項に該当するものを除き、支払ってもらえる保険金額は規定通り加算されます。

ツアー旅行に出発するときに、不安なので海外旅行保険を別で付けていらっしゃるという人は、一般的なクレジットカードにも頼りになる海外旅行保険が、始めから付いているタイプが存在しているということを、今から胸に刻んでいてください。

そのカードが「利用付帯」または「自動付帯」か、という違いがある問題は、多くのクレジットカードで準備されている海外旅行保険が、元は消費者のクレジットカード申込を拡大する目的ではじめた、付加的なサービスなのであるから、高望みはできないのです。

普及している「傷害死亡・後遺症」関係の海外旅行保険だったらいろいろな法人クレジットカードで用意されているわけですが、海外での治療に支払った費用をちゃんとカバー可能なクレジットカードは限定されています。


続きはこちらから
posted by 定期預金管理人 at 00:13| クレジットカード

2017年04月02日

いま、定期預金を作る意味って?

定期預金の金利情報を探しているあなた。
「しばらく使わないお金だし、とりあえず定期にでも…」なんて考えていませんか。

しかし、残念ながら現在は「定期預金」という選択は正しいといえません。
日銀によるマイナス金利政策によって、もはや定期預金という金融商品は”過去の遺産”となっています。

メガバンクでは期間や金額に関係なく、全て年0.01%(税引前)という、あるんだかないんだかわからない金利設定になっています。

100万円を1年間預けて、貰える利息がたったの100円!税引き後では80円です。これじゃあ缶コーヒーすら買えませんね。

もはや定期預金はお金を増やす機能を失った、ということです。

1,000万円までであればペイオフ制度が適用されるので、「国の保証付き・ノーコストの貸金庫としての意義はあります。

しかし、どうしてもお金を増やしたい!のであれば、どうすればよいのでしょう?
次ページに、管理人の見解をまとめてみました。


続きは次ページで!
posted by 定期預金管理人 at 23:49| ソーシャルレンディング

2017年04月01日

2017年4月の期間別金利情報

2017年4月の円定期預金情報です。
期間毎に金利水準の高いプログラムとキャンペーン情報をまとめています。
定期預金の作成を考えている方はご参考にしてください。


【3カ月もの】
【金利】 年0.30%(税引後年0.23%)
【期限】 口座開設月の翌々月末まで
【条件】 2017年4月1日以降の新規口座開設限定

【金利】 年0.50%(税引後年0.3984%)
【期限】 口座開設月を含む当初3カ月目の月末まで
【条件】 新規口座開設限定


【6カ月もの】
【金利】 年0.10%(税引後年0.079%)
【条件】 毎月1日と15日に定期的な金利見直し実施

【金利】 年0.10%(税引後年0.079%)
【条件】 インターネット限定 & 50万円以上


【1年もの】
【金利】 年0.15%(税引後年0.119%)
【条件】 ダイレクト専門支店「いちょう並木支店」のみ


posted by 定期預金管理人 at 07:00| 定期預金情報